原因は何?

女性にとって、40代、50代は悩みの多い時期。
そうです、更年期障害の症状が顕著になる時期なんです。

更年期障害というのは、女性の閉経によって身体の中のホルモンバランスが崩れ、様々な障害、症状がでること。
頭痛や発熱、肩こりなど、主に肉体面の症状と、イライラや不安、鬱などで精神が不安定になる、精神面の症状があります。
更年期障害の症状は、多種多様です。
どんな症状が現れるのかは人によって異なり、更年期障害であるという自覚があるわけではないので、自分自身にも、そして他人にもなかなかそれと気づいてもらえないという悩みもあります。

更年期障害は女性であれば、多かれ少なかれ影響が出ると言われています。
改善には生活習慣や生活環境を保持することや、ホルモン補充療法などがあります。

しかし、どれが更年期障害の症状で、どれがそうではないのかの区別はなかなかつきにくいのが現状です。
頭痛や発熱などは、風邪の一般的な症状でもありますし、肩こりも肉体疲労が原因のことが多いです。
ただ年齢が40代、50代だからと言っても、すべてがすべて、更年期障害の影響であるとは限らないのです。

そこで今回、ここでは更年期障害によって起こるものと、そうではない原因によって起こるものとを、比べてみました。






what's new

2012/12/17
ホットフラッシュを更新
2012/12/17
自律神経を更新
2012/12/17
めまいを更新
2012/12/17
口乾を更新
2012/12/17
女性に知ってもらいたい更年期の症状を更新
2012/12/17
ホームページリニューアル